スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさしぶりな、お堅いお話

ひさしぶりなのだw

バカボンパパなのだw


まぁカタクならずに聞いてオクンナサイ
最近 吉田松陰なる人物の伝記のような本を読んだのです
幕末の原動力となる思想を持った凄く魅力有る人です。
松蔭先生は貧しい家に生まれました
母は、この貧しい家に明るさを取り戻すために当時贅沢なお風呂を毎日沸かしたそうです、
父は、教養はあるのに出世せず毎日の暮らしに朝から晩まで野良仕事しかし、鍬を振るいながらの勉学。
松蔭は父に連れられ畑に正座して働く父を見ながら 雨の日も雪の日も
論語や孔子のスドクをさせられました。
なぜ、そのように理不尽とも思える勉強の仕方を、父が松蔭にさせたか?
答えは、この世は理不尽が当たり前だと言う事を
まず、我が子に教え
 その中の 感謝や 生き方を 考える人に、なってほしいからだそうです。

すばらしい、この親あってこの子ありです。

その松蔭は、生涯で、なんども幕府に牢獄に入れられましたが、
その牢獄で悪人と言われる者達に勉学を 教えました
、その中から後に立派になった人が沢山居ます。
また、身分の低い者にも耳を貸し、
又励まして一緒に何事もやり遂げよう、
仕事も勉学もと
言う姿勢を、貫いたそうです。
 自分が勉学に長けているとオゴッタ事は無いそうです。

成功は結果です、尊いのは、それにいたる失敗です。失敗がなければ現代文明は無いのです。


ですから

子供たちに、厳しく世の理不尽を教え


数々の失敗を誉める

是こそが、教育なのです


また偉そうな事を書いてしまいました
私は我が子を、そのように育てたでしょうか?
出来る限りそのように心がけましたが、自分自身
大変不徳の致す処多々有って
我が子はバカチンでございます。
しかしながら、頑張って生きております。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

ミドリーマン

Author:ミドリーマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
お好み焼 はな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。